保険金請求のご案内 海外旅行保険

保険金請求の流れ

よくあるご質問

日本国外での請求方法を教えてください。

約130カ国以上のネットワ-クを持つAIGでは、日本国外でも保険金のご請求を承ります。

ただし、海外オフィスの場合、小切手にて保険金のお支払いをさせていただくところが多くなっておりますので、

  1. 現地に銀行口座をもっていらっしゃること(小切手を換金するため)
  2. ご住所が決まっていること (小切手は郵送となるため)
  3. ご帰国が3ヶ月以上先であること。(3ヶ月以内に帰国のご予定の場合、ご帰国後に日本国内でご請求ください)

の条件を満たしている場合にご請求ができます。

これらの条件を満たしていない方は、日本のAIG損保または現地オフィスに日本の銀行へのお振り込みをご指示ください。
なおアメリカ、オーストラリアでは現地銀行へのお振り込みもOKです。

  1. なおニューヨーク、サンフランシスコ、パリ、ロンドン、シドニー、上海以外のオフィスでは英語もしくは現地語による対応となります。

ご請求に必要な書類は共通です。
必要書類をご手配の上、各オフィスヘご郵送ください。

(このページではアメリカ本土の住所のみご案内しております。その他の国のオフィスの住所は小冊子の“海外サ-ビス網連絡先”をご参照ください。)

RCNT-2017-007
カメラを盗難にあってしまった。新品を早速買おうと思うのですが、その費用を支払ってもらえますか。

携行品のお支払いにあたっては、損害品そのものの時価額を使用年数と、ご購入価格から算出させていただきます。

その“時価額”から免責金額(お客さまご負担額:契約内容により異なります。)を差し引かせていただいたものが、お支払いできる保険金となります。

また、携行品特約の場合には、一点または一組の限度額を¥100,000-と規定させていただいております。

RCNT-2017-007
第三者証明とは何ですか?

ご自分以外の方に、“確かにこのような事故があった”ということを証明していただく書類です。
添乗員の方、あるいはご旅行に同行した方にお願いしてください。

用紙や形式はご自由ですが、以下をご記載ください。

  1. 事故の内容、日時
  2. 証明してくださる方のお名前、ご連絡先、ご捺印
RCNT-2017-007
保険金を支払ってもらえないことってあるのですか?

残念ながらあります。

主なものとしては、

  1. 慢性病や、ご旅行以前に発病した疾病の治療費。(保険期間が31日までの契約において旅行中にこれらの応急治療を受けた場合を除く)
  2. 歯科疾病の医療費(留学生向けの歯科疾病担保プランに加入している場合や、緊急歯科治療費用補償特約に加入の場合の急激な発症・悪化を除く)
  3. 妊娠・出産・早産・流産に起因する医療費(保険期間31日までの契約において妊娠初期(22週未満)の異常により医師の治療を開始した場合を除く)
  4. 置き忘れ、紛失による携行品事故
  5. 旅行中に人からあずかった、もしくは借りた物の破損や盗難

があげられます。

この他にも規定がございますので、詳細はお渡ししております小冊子をご参照ください。

RCNT-2017-007
書類を提出してから保険金が支払われるまでどのくらいの時間がかかりますか。

個々の案件によって変わってきます。

原則として、ご提出をお願いした書類の提出日から30日以内に、保険金支払いに必要な確認を終え、保険金をお支払いいたします。

ただし、保険金をお支払いするために約款に定められた特別な調査または照会が不可欠な場合には、30日を越える場合があります。

RCNT-2017-007

保険金請求のご連絡をいただいてから、保険金のお受取りまでの一般的な流れは、以下のとおりです。お客さまのご契約内容、ご請求内容などにより手続きが異なることもありますので、ご遠慮なく取扱代理店または弊社までお問い合せください。

1. 保険金請求のご連絡

  • 保険金請求書などへのご記入、診断書などのご手配をいただき、取扱代理店または弊社へご提出をお願いいたします。(弊社への送付先はPDFデータダウンロードページ下の「保険金請求関連書類の送付先」をご確認ください。)
  • インターネットによる事故報告では、病気・ケガなどの治療費用のご請求と携行品(スーツケース等)の破損・盗難の損害に関するご請求を承っております。
  • 事故のご通知は遅滞なく取扱代理店または弊社へご連絡ください。
  • お急ぎの場合はお手数ですがお電話にて直接ご連絡ください。

海外からのお電話でのご連絡
アシスタンスサービス(https://www-429.aig.co.jp/ota/hts/support/contact.html  24時間365日*注)あて
*注 アシスタンスサービスへのご連絡方法はこちらをご確認ください

必要書類のご案内など

  • お客さまのご契約内容を確認し、補償の内容をご案内します。
  • 保険金請求に必要な書類についてご案内します。

2. 書類のお手配、ご提出

保険金請求書などへのご記入、診断書などのご手配をいただき、取扱代理店または弊社へご提出をお願いします。

ご請求内容の確認

  • 保険金をお支払いするために必要な確認をします。
  • お支払いする保険金の額を算出し、保険金をお支払いします。

3. 保険金のお受け取り

お支払い金額、お支払い先などをお客さまに書面でご案内しますので、ご確認をお願いします。

海外での保険金請求書送付先

よくあるご質問

日本国外での請求方法を教えてください。

約130カ国以上のネットワ-クを持つAIGでは、日本国外でも保険金のご請求を承ります。

ただし、海外オフィスの場合、小切手にて保険金のお支払いをさせていただくところが多くなっておりますので、

  1. 現地に銀行口座をもっていらっしゃること(小切手を換金するため)
  2. ご住所が決まっていること (小切手は郵送となるため)
  3. ご帰国が3ヶ月以上先であること。(3ヶ月以内に帰国のご予定の場合、ご帰国後に日本国内でご請求ください)

の条件を満たしている場合にご請求ができます。

これらの条件を満たしていない方は、日本のAIG損保または現地オフィスに日本の銀行へのお振り込みをご指示ください。
なおアメリカ、オーストラリアでは現地銀行へのお振り込みもOKです。

  1. なおニューヨーク、サンフランシスコ、パリ、ロンドン、シドニー、上海以外のオフィスでは英語もしくは現地語による対応となります。

ご請求に必要な書類は共通です。
必要書類をご手配の上、各オフィスヘご郵送ください。

(このページではアメリカ本土の住所のみご案内しております。その他の国のオフィスの住所は小冊子の“海外サ-ビス網連絡先”をご参照ください。)

RCNT-2017-007
カメラを盗難にあってしまった。新品を早速買おうと思うのですが、その費用を支払ってもらえますか。

携行品のお支払いにあたっては、損害品そのものの時価額を使用年数と、ご購入価格から算出させていただきます。

その“時価額”から免責金額(お客さまご負担額:契約内容により異なります。)を差し引かせていただいたものが、お支払いできる保険金となります。

また、携行品特約の場合には、一点または一組の限度額を¥100,000-と規定させていただいております。

RCNT-2017-007
第三者証明とは何ですか?

ご自分以外の方に、“確かにこのような事故があった”ということを証明していただく書類です。
添乗員の方、あるいはご旅行に同行した方にお願いしてください。

用紙や形式はご自由ですが、以下をご記載ください。

  1. 事故の内容、日時
  2. 証明してくださる方のお名前、ご連絡先、ご捺印
RCNT-2017-007
保険金を支払ってもらえないことってあるのですか?

残念ながらあります。

主なものとしては、

  1. 慢性病や、ご旅行以前に発病した疾病の治療費。(保険期間が31日までの契約において旅行中にこれらの応急治療を受けた場合を除く)
  2. 歯科疾病の医療費(留学生向けの歯科疾病担保プランに加入している場合や、緊急歯科治療費用補償特約に加入の場合の急激な発症・悪化を除く)
  3. 妊娠・出産・早産・流産に起因する医療費(保険期間31日までの契約において妊娠初期(22週未満)の異常により医師の治療を開始した場合を除く)
  4. 置き忘れ、紛失による携行品事故
  5. 旅行中に人からあずかった、もしくは借りた物の破損や盗難

があげられます。

この他にも規定がございますので、詳細はお渡ししております小冊子をご参照ください。

RCNT-2017-007
書類を提出してから保険金が支払われるまでどのくらいの時間がかかりますか。

個々の案件によって変わってきます。

原則として、ご提出をお願いした書類の提出日から30日以内に、保険金支払いに必要な確認を終え、保険金をお支払いいたします。

ただし、保険金をお支払いするために約款に定められた特別な調査または照会が不可欠な場合には、30日を越える場合があります。

RCNT-2017-007

長期ご滞在のお客さまのみご利用いただけます。日本語で対応します。
ご帰国が、3ヶ月程度に近づいている方は、日本にご帰国後ご請求書を送付ください。

保険金請求に必要な書類

よくあるご質問

日本国外での請求方法を教えてください。

約130カ国以上のネットワ-クを持つAIGでは、日本国外でも保険金のご請求を承ります。

ただし、海外オフィスの場合、小切手にて保険金のお支払いをさせていただくところが多くなっておりますので、

  1. 現地に銀行口座をもっていらっしゃること(小切手を換金するため)
  2. ご住所が決まっていること (小切手は郵送となるため)
  3. ご帰国が3ヶ月以上先であること。(3ヶ月以内に帰国のご予定の場合、ご帰国後に日本国内でご請求ください)

の条件を満たしている場合にご請求ができます。

これらの条件を満たしていない方は、日本のAIG損保または現地オフィスに日本の銀行へのお振り込みをご指示ください。
なおアメリカ、オーストラリアでは現地銀行へのお振り込みもOKです。

  1. なおニューヨーク、サンフランシスコ、パリ、ロンドン、シドニー、上海以外のオフィスでは英語もしくは現地語による対応となります。

ご請求に必要な書類は共通です。
必要書類をご手配の上、各オフィスヘご郵送ください。

(このページではアメリカ本土の住所のみご案内しております。その他の国のオフィスの住所は小冊子の“海外サ-ビス網連絡先”をご参照ください。)

RCNT-2017-007
カメラを盗難にあってしまった。新品を早速買おうと思うのですが、その費用を支払ってもらえますか。

携行品のお支払いにあたっては、損害品そのものの時価額を使用年数と、ご購入価格から算出させていただきます。

その“時価額”から免責金額(お客さまご負担額:契約内容により異なります。)を差し引かせていただいたものが、お支払いできる保険金となります。

また、携行品特約の場合には、一点または一組の限度額を¥100,000-と規定させていただいております。

RCNT-2017-007
第三者証明とは何ですか?

ご自分以外の方に、“確かにこのような事故があった”ということを証明していただく書類です。
添乗員の方、あるいはご旅行に同行した方にお願いしてください。

用紙や形式はご自由ですが、以下をご記載ください。

  1. 事故の内容、日時
  2. 証明してくださる方のお名前、ご連絡先、ご捺印
RCNT-2017-007
保険金を支払ってもらえないことってあるのですか?

残念ながらあります。

主なものとしては、

  1. 慢性病や、ご旅行以前に発病した疾病の治療費。(保険期間が31日までの契約において旅行中にこれらの応急治療を受けた場合を除く)
  2. 歯科疾病の医療費(留学生向けの歯科疾病担保プランに加入している場合や、緊急歯科治療費用補償特約に加入の場合の急激な発症・悪化を除く)
  3. 妊娠・出産・早産・流産に起因する医療費(保険期間31日までの契約において妊娠初期(22週未満)の異常により医師の治療を開始した場合を除く)
  4. 置き忘れ、紛失による携行品事故
  5. 旅行中に人からあずかった、もしくは借りた物の破損や盗難

があげられます。

この他にも規定がございますので、詳細はお渡ししております小冊子をご参照ください。

RCNT-2017-007
書類を提出してから保険金が支払われるまでどのくらいの時間がかかりますか。

個々の案件によって変わってきます。

原則として、ご提出をお願いした書類の提出日から30日以内に、保険金支払いに必要な確認を終え、保険金をお支払いいたします。

ただし、保険金をお支払いするために約款に定められた特別な調査または照会が不可欠な場合には、30日を越える場合があります。

RCNT-2017-007

海外旅行保険の保険金請求には、下記の書類が必要になります。 事故の内容により下記以外にもご手配いただくことがございますので詳細は担当者よりご案内します。

保険金 必要書類
各保険金共通
  • 海外旅行保険保険金請求書
死亡保険金
  • 死亡保険金受取人の印鑑証明書
  • 死亡診断書または死体検案書
  • 被保険者の戸籍謄本
  • 公の機関(または第三者)の事故証明書(傷害死亡の場合)
傷害後遺障害保険金
  • 被保険者の印鑑証明書
  • 後遺障害診断書(弊社所定フォームあり)
  • 公の機関(または第三者)の事故証明書
治療費用保険金
  • 治療費用の領収書、またはレシート(原本)
  • 診断書
  • パスポートの日本出入国スタンプ欄・署名欄のコピー
賠償責任保険金

【レンタル品の賠償事故の場合】

  • 事故証明書
  • 賠償金請求者(賃貸業者)からの見積書または請求書
  • 賃貸業者からの賃貸契約書または賃貸契約領収書
  • 領収書(原本)
  • パスポートの日本出入国スタンプ欄・署名欄のコピー
携行品損害保険金
  • 事故証明書
  • 損害品の購入時の領収証・保証書・取扱説明書等(原本)
  • 修理可能な場合:損害品の修理見積書または修理領収書(原本)
  • 修理不可能な場合:修理が不可能であることが確認できる書類(原本)
  • 損害状況が確認できる写真(枚数自由)
  • パスポートの日本出入国スタンプ欄・署名欄のコピー
航空機遅延費用保険金
  • ご負担された費用の領収書
  • 航空会社からの遅延/欠航証明書
  • 搭乗予定であったことが確認できる書類(搭乗券・eチケット控えなど)
  • 実際に搭乗した便が確認できる書類(搭乗券・eチケット控えなど)
  • パスポートの日本出入国スタンプ欄・署名欄のコピー
航空機寄託手荷物遅延等費用保険金
  • 航空会社からの手荷物遅延証明書
  • 購入品領収証
  • パスポートの日本出入国スタンプ欄・署名欄のコピー
  • ご契約に関するすべての内容を記載しているものではありません。詳細につきましては、保険の約款、ご契約のしおり、重要事項説明書でご確認ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または弊社までお問い合せください。

保険金請求書ダウンロード

よくあるご質問

日本国外での請求方法を教えてください。

約130カ国以上のネットワ-クを持つAIGでは、日本国外でも保険金のご請求を承ります。

ただし、海外オフィスの場合、小切手にて保険金のお支払いをさせていただくところが多くなっておりますので、

  1. 現地に銀行口座をもっていらっしゃること(小切手を換金するため)
  2. ご住所が決まっていること (小切手は郵送となるため)
  3. ご帰国が3ヶ月以上先であること。(3ヶ月以内に帰国のご予定の場合、ご帰国後に日本国内でご請求ください)

の条件を満たしている場合にご請求ができます。

これらの条件を満たしていない方は、日本のAIG損保または現地オフィスに日本の銀行へのお振り込みをご指示ください。
なおアメリカ、オーストラリアでは現地銀行へのお振り込みもOKです。

  1. なおニューヨーク、サンフランシスコ、パリ、ロンドン、シドニー、上海以外のオフィスでは英語もしくは現地語による対応となります。

ご請求に必要な書類は共通です。
必要書類をご手配の上、各オフィスヘご郵送ください。

(このページではアメリカ本土の住所のみご案内しております。その他の国のオフィスの住所は小冊子の“海外サ-ビス網連絡先”をご参照ください。)

RCNT-2017-007
カメラを盗難にあってしまった。新品を早速買おうと思うのですが、その費用を支払ってもらえますか。

携行品のお支払いにあたっては、損害品そのものの時価額を使用年数と、ご購入価格から算出させていただきます。

その“時価額”から免責金額(お客さまご負担額:契約内容により異なります。)を差し引かせていただいたものが、お支払いできる保険金となります。

また、携行品特約の場合には、一点または一組の限度額を¥100,000-と規定させていただいております。

RCNT-2017-007
第三者証明とは何ですか?

ご自分以外の方に、“確かにこのような事故があった”ということを証明していただく書類です。
添乗員の方、あるいはご旅行に同行した方にお願いしてください。

用紙や形式はご自由ですが、以下をご記載ください。

  1. 事故の内容、日時
  2. 証明してくださる方のお名前、ご連絡先、ご捺印
RCNT-2017-007
保険金を支払ってもらえないことってあるのですか?

残念ながらあります。

主なものとしては、

  1. 慢性病や、ご旅行以前に発病した疾病の治療費。(保険期間が31日までの契約において旅行中にこれらの応急治療を受けた場合を除く)
  2. 歯科疾病の医療費(留学生向けの歯科疾病担保プランに加入している場合や、緊急歯科治療費用補償特約に加入の場合の急激な発症・悪化を除く)
  3. 妊娠・出産・早産・流産に起因する医療費(保険期間31日までの契約において妊娠初期(22週未満)の異常により医師の治療を開始した場合を除く)
  4. 置き忘れ、紛失による携行品事故
  5. 旅行中に人からあずかった、もしくは借りた物の破損や盗難

があげられます。

この他にも規定がございますので、詳細はお渡ししております小冊子をご参照ください。

RCNT-2017-007
書類を提出してから保険金が支払われるまでどのくらいの時間がかかりますか。

個々の案件によって変わってきます。

原則として、ご提出をお願いした書類の提出日から30日以内に、保険金支払いに必要な確認を終え、保険金をお支払いいたします。

ただし、保険金をお支払いするために約款に定められた特別な調査または照会が不可欠な場合には、30日を越える場合があります。

RCNT-2017-007

ご加入時にお渡ししている小冊子の中に保険金請求書が入っております。
紛失された場合や、既に、ご使用された場合は、下記のPDFファイルをご利用ください。

保険金請求関連書類の送付先

日本国内
〒259-0190 二宮郵便局 私書箱2号
AIG損害保険株式会社 海外旅行保険サービスセンター

海外
「保険金請求の流れ(海外)」タブページをご覧ください。

その他の国のオフィス住所
小冊子の“海外オフィス(保険金請求関連)連絡先”をご参照ください。

  • 上記以外の保険金請求の場合は、次のAIG事故受付センターへご連絡ください。
    (日本国内の場合)0120-04-1799(通話料無料・24時間受付)
    (海外からの場合)(81)3-5619-2741(24時間受付)

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

無断での使用・複製は禁じます。