企業情報

ごあいさつ

2020年、世界は大きな変化に直面し、誰しもが、またあらゆる組織が、数多くの未曾有の試練に見舞われました。個人のお客さま、中小企業およびグローバルに展開する多国籍企業に補償とリスクコンサルティングを提供する保険業界のリーディングカンパニーであり、変容する世界を皆さまとともに歩む私たちにとって、お客さま、代理店、ビジネス・パートナー、社員の健康と安全こそが最も差し迫った重要な課題となりました。

前例のない混乱と不透明性のなかでこそ、私たちのACTIVE CAREの精神の重要性はより明確となり、新型コロナウイルスのパンデミックによる想定外の困難に直面するお客さま、代理店やビジネス・パートナーを支え、社員同士が助け合うなかにその思いを示してきました。業務の大半を直ちに在宅勤務体制に切り替えたことは、途切れることなくお客さまにサービスを提供し続けるという決意の表れでもありました。今年の2月に発生した福島県沖地震や九州等に甚大な影響をおよぼした令和2年7月豪雨の際にも、損害サービス部門のメンバーが、お客さまが最も必要とする時にお客さまに確実に寄り添うために、変わることなく尽力しました。

ACTIVE CAREは、AIG損保におけるイノベーションの原動力でもあります。個人のお客さま、中小企業、中堅企業・大企業のお客さま、また代理店やビジネス・パートナーのために、商品やサービスを通じて価値をお届けする新たな方法を、私たちは常に追求しています。

また私たちは多様で受容的な職場づくりが、トップクラスの業績を誇る会社になるうえで不可欠であるという信念を持ち、AIG全体でこれに取り組んでいます。多様性は新しい考え方やイノベーションをもたらす原動力であり、多様な人材の採用・維持・育成は私たちにとって重要な優先事項です。柔軟で様々な選択を許容する多様なワーキング・スタイルは、私たちの競争力を生む力の一つとなっています。

この複雑な時代を皆さまの先に立って進み、中小企業、中堅企業・大企業、多国籍企業、家族、個人といったあらゆる組織や人々を、予期せぬこと、望まないこと、未知なることがもたらすリスクからお守りすることが、AIGがお客さまやディストリビューション・パートナーのために行うすべての核となっています。ディストリビューション・パートナーと連携し、リスクマネジメントと保険のエキスパートとして、お客さまからの信頼と信用を日々確実なものとすることに向けて尽力してまいります。

2021年以降も、お客さまの確かな支えとなれるよう、前進する所存です。

今後とも一層のご愛顧、お引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。             

代表取締役社長 兼 CEO
ケネス・ライリー

旧AIU/旧富士火災の会社情報について