サイバー攻撃発生時のリスクを包括的に補償します。

CyberEdge

全世界を補償対象地域として、個人情報や機密情報が漏洩した場合の第三者に対する損害賠償責任、サイバー攻撃などのセキュリティ事故によりコンピュータネットワークが中断した場合の逸失利益、コンピュータシステムに対して不正アクセスがなされた際のフォレンジックス費用などの損害を補償します。

  • 特長
  • 補償内容

特長

5つの特長

  特長1   

サイバー攻撃を受けた場合に、被害状況などを調査するためのフォレンジックサービス費用を補償

 特長2   

事故発生時には、AIGのグローバルなネットワークを活用し、各国の危機管理コンサルティング機関をご紹介

 特長3    

情報漏洩リスクにつき、クラスアクション(集団訴訟)の損害賠償責任リスクなど全世界を補償対象地域として補償を提供可能

 特長4   

コンピュータシステムに対する不正アクセス、ウィルス感染などによる第三者に対する損害賠償責任(情報セキュリティ賠償責任)を補償
※被保険者のHPを経由してのウィルス感染など

 特長5   

サイバー攻撃等のセキュリティ事故によってコンピュータネットワークが中断した場合の逸失利益について補償(オプション契約)

補償内容 (CyberEdgeによるソリューション提案)

サイバー攻撃発生時のリスクを包括的に補償する保険商品です

こんなお客さまにおすすめです

  • 個人情報の漏洩事故が発生した場合に、具体的にどのような対応をすれば良いのかわからない。
  • 不正アクセスがあった場合、原因究明に要する多額のコストに不安を感じている。
  • オンラインビジネスが収益の柱となっており、ネットワークが中断した場合、経営に大きな影響が出るおそれがある。
  • 取引に際して、大手企業から不正アクセスへの対策を講じることを求められている。
  • 本社には十分な情報セキュリティ対策を講じている一方で、海外子会社は現地任せになっている。
  • 海外展開を拡大しているが、万が一トラブルが発生した場合に、現地法令に対応できる人材育成が十分にできていない。

補償内容

賠償責任に対する補償(基本契約)

個人情報漏洩賠償責任(Personal Data Liability)

個人情報漏洩に起因して被保険者に対して損害賠償請求がなされた場合に、被保険者が負担する損害賠償金、争訟費用(弁護士費用、裁判所出頭費用など)の損害に対して、保険金をお支払いします。

企業情報漏洩賠償責任(Corporate Data Liability)

企業情報漏洩に起因して被保険者に対して損害賠償請求がなされた場合に、被保険者が負担する損害賠償金、争訟費用(弁護士費用、裁判所出頭費用など)の損害に対して、保険金をお支払いします。

外部委託による賠償責任(Outsourcing Liability)

委託先による情報漏洩に起因して被保険者に対して損害賠償請求がなされた場合に、被保険者が負担する損害賠償金、争訟費用(弁護士費用、裁判所出頭費用など)の損害に対して、保険金をお支払いします。

情報セキュリティ賠償責任(Data Security Liability)

コンピュータシステムに対する不正アクセス、ウイルス感染などに起因して被保険者に対して損害賠償請求がなされた場合に、被保険者が負担する損害賠償金、争訟費用(弁護士費用、裁判所出頭費用など)の損害に対して、保険金をお支払いします。

行政手続きに対する補償(基本契約)

調査対応費用(Data Administrative Investigation)

個人情報漏洩または不正アクセスについて、監督官庁などの公的機関による調査が行われた場合に、被保険者が法的なアドバイスなどを受けるために起用した弁護士の費用に対して、保険金をお支払いします。

課徴金補償(Data Administrative Fines)

個人情報漏洩または不正アクセスについて、被保険者が監督官庁などの公的機関により支払いを命じられた課徴金に対して、保険金をお支払いします(ただし、調査がなされた地域において保険の対象とすることが認められている場合に限ります)。

危機管理対応のための費用に対する補償(基本契約)

危機管理PR費用(Repair of Company's / Individual's Reputation)

情報漏洩事故または不正アクセスによる企業・その役員等の信用毀損などの悪影響を最小化するために被保険者が負担する、広報専門コンサルタントによる危機管理サービスの費用に対して、保険金をお支払いします。

通知・モニタリング費用(Notification & Monitoring)

個人情報漏洩事故または不正アクセスが発生した場合に、被保険者が負担する、個人情報漏洩の被害者に対して通知するための費用(次の費用を含みます。)や、再発防止教育やクレジット情報のモニタリングを実施するための費用に対して、保険金をお支払いします。

  • コールセンターの設置費用
  • お詫び状の作成・送付費用
  • 新聞への謝罪広告掲載費用
  • 記者会見を開催するための費用

など

電子データ復元費用(Electronic Data)

コンピュータシステムに対する不正アクセスによって個人情報データが消失した際に、データを復元するために被保険者が負担する費用に対して、保険金をお支払いします。

フォレンジックサービス費用(Pro-active Forensic Services)

コンピュータシステムに対する不正アクセスによる被害状況の確認や原因を調査するため専門家によるフォレンジックサービスを受けた場合に被保険者が負担する費用に対して、保険金をお支払いします。

危機管理実行費用(Crisis Loss)

個人情報漏洩または不正アクセスによる悪影響を最小化するために被保険者が負担した次の危機管理実行費用に対して、保険金をお支払いします。

  • 弁護士相談費用(注)
  • 従業員の超過勤務手当、交通費または宿泊費
  • 見舞金・見舞品費用(1被害者につき500円を限度)
  • 見舞金・見舞品送付費用
(注) 顧問弁護士・社内弁護士に対して定期的に支払われる報酬分は補償の対象となりません。

コンピュータネットワーク中断に対する補償(オプション契約)(Network Interruption Insurance)

不正アクセスなどにより被保険者のコンピュータシステムに対するセキュリティ障害が発生し、コンピュータネットワークが中断したことにより、被保険者が被る逸失利益、臨時対応費用および経常費用に対して、保険金をお支払いします。

  • 特長
  • 補償内容

このページにおけるご注意

  • ※この情報は2018年1月1日現在のものです。

このページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、取扱代理店・扱者または弊社にお問い合わせください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み