サービスの内容

一般賠償対策

賠償事故防止対策は万全ですか?

 

企業経営上で、賠償事故対策は欠かせません。 賠償事故とは、建物や施設に起因する事故、請負工事中の事故など、第三者の生命・身体や財物に損害を与えた場合を指します。この賠償事故を未然に防止するための具体策をご紹介します。

講習

過去の事例を検討し、賠償責任の根拠となる法律についても、時代の変遷もまじえてわかりやすく説明します。 

PL(製造物責任)対策

消費者保護の意識の高まりの中で

 

平成7年に施行されたPL法によって、欠陥が原因で損害を受けたことを消費者が証明すれば、メーカーに過失がなくても賠償請求が可能になり、消費者保護は大きく前進しました。メーカーにとっては、これまで以上に安全な製品を供給することが求められることになりました。また、このことは製品の部品一つ一つにも同様に考えられるため、部品メーカーまでもが賠償請求されるかもしれないというリスクを負わされることにつながります。

講習

PL法の概要/欠陥の根拠/PL事故及び訴訟の実態/企業の対策などについて、最新情報を分かりやすく説明します。

取扱説明書コンサルティング

既存の取扱説明書や警告ラベルについて、構成や文言、イラストなどに不備はないかを診断しアドバイスをします。 日本語表記のものに限らせていただきます。

お問い合わせ

詳細は、お近くの弊社営業店にご連絡ください。

無断での使用・複製は禁じます。