サービスの内容

災害時における事業継続のための取り組みは万全ですか?

 

わずか十数年の間に阪神・新潟・東日本地域などで起きた大地震によって、日本人は地震の恐ろしさをあらためて思い知ることとなりました。従業員の生命を守る対策、地震によって業務の継続に大きな影響を被らないための備え、企業は地震収束後にすみやかに業務を再開するための計画などを事前に検討しておく必要があります。

講習

地震や災害などが発生した際に、事業を継続できるようにBCPの基礎的な考え方を学習し、BCP策定や運用に向けて取組めるよう説明をします。

シミュレーショントレーニング

架空の企業をケーススタディとして、時間の経過とともに変化する災害発生後の状況を想定・付与し、状況に応じた情報の収集および意思決定を机上で行います。地震発生直後~1ヶ月以内で発生する諸問題に対して、グループ編成(1班5名程度)をし、参加者が架空企業の役員の立場で対策を考え意見交換をしながら、知見を深めます。

1. 地震シミュレーション

地震発生(1時間以内)をリアルタイムで疑似体験していただき、経営者の視点から「優先順位による対処方法」「防災訓練の重要性」を学習します。

2. 事業継続意思決定学習

地震発生後(3日~1ヶ月以内)の期間で発生する様々な課題に対し、「経営資源の配分」「リーダーシップ」「資金繰り対策」の重要性等を学習します。

お問い合わせ

詳細は、お近くの弊社営業店にご連絡ください。

無断での使用・複製は禁じます。