AIG ナレッジ & インサイト 不確実な世界をナビゲートする

不確実な世界をナビゲートする

AIG UKマルチナショナル・ヘッドヌーノ・アントゥネスは、不確実時代運営されているグローバル保険プログラムがどのように機能できるかを考察します。

米中貿易摩擦からブレグジット米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に至るまで、多国籍企業ダイナミック分断化が進む世界貿易環境活動しています。多国籍企業キャプティブ保険会社所有する企業視点からすると、グローバル保険プログラムは、補償一貫性確実性提供するために、発生する変化 – それがたとえ急激であっても - に対応しなければなりません。

世界貿易を支えるルールに基づく秩序は大きな転換点にあります。世界貿易機関(WTO)は、貿易量増加は2018年の3%から2019年には2.6%に減少すると予想しています。貿易摩擦経済的政治的不確実性増大保護主義台頭全体的に益々複雑相互関連し合う世界は、多国籍企業とその保険会社に対して新たな課題提示しています。

WTO事務局長ロベルト・アゼベドは2019年4月、「このように不確実性が高い状況では、貿易成長牽引する役割十分に果たすことはできない。」と述べています。「我々は、緊張解消し,技術革新雇用創出及開発促進必要性といった今日経済における真の課題に対応し、世界貿易のための前向きな道筋を描くことに焦点を当てることがますます喫緊課題になっている。」

このような課題直面し、AIGは、3大陸から政策立案者ビジネスリーダー世界貿易専門家を集め、地域視点から重要貿易問題検討するグローバルトレードシリーズ(Global Trade Series)を発足しました。ワシントンDC、ロッテルダム上海において、AIGとそのパートナー主催したイベントでは、WTO改革必要性や、新技術デジタル化が貿易パターンに与える影響などがテーマのひとつとして議論されました。

また、世界貿易将来形成する問題や、マクロ地政学的状況不安定化増大など、その環境で行うビジネス課題についても検討されました。これには、政治的圧力米国中国不安定貿易関係ブレグジット後の英国とEUの不明確貿易政策に対する懸念地政学的対立金融市場混乱急速技術進歩が含まれていました。

AIGで誘拐保険部門責任者を務めるジョン・グレゴリー氏は6月に上海講演し、野心的一帯一路構想一環としての活動建設事業多国籍企業にもたらす潜在的人的脅威について語りました。一方、5月にロッテルダム港で開催されたイベントでは、AIG海上保険部門グローバル・ヘッドクリストフ・デ・ブレム氏とAIG貿易金融部門グローバル・ヘッドマリリン・ブレットナーホイルが、技術デジタル化がそれぞれの保険市場取引にいかに新たな効率性をもたらすかについて語りました。見識情報は、政策立案者パートナー、そして多国籍顧客企業との間で広く共有されました。

"「不確定要素がこれほど高い水準にあると、貿易成長推進十分役割を果たすことはできない。」"
WTO事務局長 ロベルト・アゼベド

多国籍企業への影響

より複雑相互に繋がったグローバル・リスク状況が、企業に新たなリスクをもたらしていることは明らかです。アウトソーシングインフラ開発(中国一帯一路構想一環としてプロジェクト計画されているか、すでに進行中地域を含む)への参加シフトすることで、企業発展途上市場参入すると認識軽減すべき新しいリスク増大するリスク両方必然的存在します。

例えば、環境リスクは、多くの地域事業を行っている多国籍企業にとって重要懸念事項です。2019年のWEFグローバル・リスク・レポート注目された懸念するリスクのなかで最大なものは、過去最悪自然災害の年となった後だったこともあり、異常気象でした。エーオンベンフィールド再保険ブローカー)によると、2018年の自然災害による経済的損失は2250億ドルに達し、そのうち900億ドル保険カバーされたといいます。

インドネシアでの地震日本インドナイジェリアでの洪水から、ハリケーン・マイケル台風チェービー平成30年台風第21号)などの米国アジアでの大暴風ハワイグアテマラでの火山噴火まで、かなりの経済的被害がありました。一方ギリシャカリフォルニア山火事は、人為的気候変動による異常気象とそれに関連する危険への増大する影響について疑問を投げかけました。
これと並行して増大しつつある事業リスク無形化により、サイバーリスク保険などの商品必要性が高まっています。WannaCryやNotPetyaなどの大規模ランサムウェア攻撃が示すように、リスクとしてサイバー国境を越えます。サイバーリスク保険市場はまだ成熟途上段階ですが、グローバル・サイバーリスク保険に対する需要の高まりに対して、伝統的保険ではっきりと補償されるのかを確かめる協調的な動きがあります。

法律規制観点から見ると、最近貿易環境変化のいくつかは、警告もなく急に起きています。過去12ヶ月の間に次のようなことがありました。

  • 強制保有率国内マーケット活用規制変更。その場合海外保険マーケットアプローチする前に国内マーケット保有できる最大水準まで達しなければならない(例えば、韓国イラクインドマレーシア)。
  • 保険税および金融取引税動向
  • 最低保険料率変更(ウガンダエジプト)
  • サイバー関連法制定 例:GDPR(EU一般データ保護規則)、カリフォルニア州消費者プライバシー法、ニューヨーク州金融サービス局のサイバーセキュリティ規制など。
  • 顧客本人確認およびマネー・ロンダリング防止対策要件厳格化(メキシコカタールチュニジア)
  • 異なる国/地域におけるリスク補償調達制限する新しい保険および再保険法

保護主義は、これらの新しい動きのいくつかの例において明白です。例えば、2018年8月からは、石炭・パーム原油輸出業者コメ輸入業者は、貿易条件にかかわらず、インドネシア国内保険市場から貨物保険加入しなければならなくなりました。インドネシア保険会社発行した保険付保証明書がなければ、輸出業者当局から必要許可を得ることができず、その結果、船の航行許可されません。

保険はまた、保険以外動向によって影響を受けます。例えば、最近英国注目を集めた判決では、ザンビア子会社を持つ英国親会社に対するザンビアで生じた損失訴訟可能になりました。これは、持株会社英国裁判所外国人原告から直接賠償請求訴訟直面する可能性があることを示す明確兆候であり、これはリスク発生した場所での責任に反する動きです。

新たに米国税源浸食濫用防止税(BEAT)の導入が進められ、極めて短期間のうちに法制化されました。最近米国における税制改革一環であるBEAT税制と、経済協力開発機構(OECD)の政府間組織によって開発された税源浸食利益移転(BEPS)プロジェクトでは、関連当事者取引がより広範囲焦点が当てられており、多国籍企業とそのキャプティブ保険会社影響が及びつつあることをを示しています。例えば、欧州リスクマネジメント協会連合会(the Federation of European Risk Management Associations(FERMA))を通じた企業側での作業ならびに保険業界ワーキンググループ内双方作業が行われています。FERMAは、「多国籍企業に対してキャプティブ保険会社に関する何らかの法的確実性担保するのに十分明確堅固な」最終指針作成するようOECDに求めました。

最後に、EUの課税透明性導入する新イニシアティブDAC 6は、 「一定要件を満たすクロスボーダー・アレンジメント」 の報告義務導入します。 保険再保険仕組み(キャプティブ・アレンジメントを含む)が、この新しい法律によってどのような影響を受けるかはまだわかりません。

一貫性と確実性の必要性

世界貿易直面している多くの地政学的課題にもかかわらず、企業は、成長コスト効率を求めて、ペースは落ち着いてきてはいるものの、引き続き地域を越えて拡大しようとしていますので、グローバル化は継続しています。多国籍企業の数は2011年以来70%増加1しています。また、AIGが中国から組成したマルチナショナル保険プログラムの数は2018年に30%増加し、ブラジルで11%、インドで8%増加しました。

グローバル・リスク変化ペース高強度化する性質は、保険リスク・マネジメント役割を高めました。現在世界情勢に照らして、真のグローバル・リスク・パートナー価値明白です。多国籍企業は、数の増加大規模化するリスク対処できる国際的保険プログラムによるカバー必要性をますます認識しています。世界貿易がより保護主義的体制を受け入れるようになると、企業規制要件抵触した結果生じる罰金評判への影響を避けようとするので、コンプライアンスに関する影響が常に増大します。

保険会社ブローカーにとっては、シンクタンクコンサルタントとのパートナーシップを通じて、社内外情報知識ツールアクセスできるだけでなく、広範かつ緊密グローバルネットワークを持つことが重要です。加えて、損害事故対応迅速かつ効果的解決するためには、現地でのプレゼンスがますます重要です。

世界貿易がより保護主義的体制を受け入れるようになると、コンプライアンスに関する影響が常に増大します......。

保険会社ブローカー被保険者三者関係端緒として、その国/地域では現地保険事業認可を受けた保険会社から発行される保険証券要求されるかどうかを知り、どんな税務ルール存在するかを理解することは極めて重要です。場合によっては、現地での保険調達要求される国では、手配した現地認可保険証券補完するために「マスター証券ドロップダウンするように、グローバル・プログラム仕立てることができます。

コスト最適化バランスシート保護という明白利点に加えて、マルチナショナル保険プログラムは、貿易環境がより不確実になるにつれて、企業積極的対応するのを助けることができます。保険会社ブローカーは、取引法令変更があった場合プログラムアーキテクチャ最適化することができ、補償ギャップがないこと、損害発生した場合に個々の保険証券期待通りに対応することを確認できます。

著者:
AIG UKマルチナショナル・ヘッド ヌーノ・アントゥネス

1. AIG調べ
※この記事はCaptive Reviewの「Global Programs supplement」に掲載されました。

上記の「ナレッジインサイト文書は、グローバル保険会社であるAIGの知識知見を広くご紹介するために、海外のAIGが公開している文書翻訳したものです。
文書内で触れている商品サービスのなかには、AIG損保では提供していないことがあります。「ナレッジインサイト」の原文は、下記リンクから参照できます。
なお、以下リンククリックするとAIG損害保険株式会社ページからAIG, Inc.(AIG米国本社)のサイト移動します。
https://www.aig.com/knowledge-and-insights

関連記事

マルチナショナル保険プログラム(グローバルプログラム)に関するご相談は

海外進出企業にとって、マルチナショナル保険プログラムは、企業グループ必要とする保険調達リスク管理の点で有効ソリューションです。
AIGは、数十年にわたる経験ノウハウリーダーシップを備えた世界各地マルチナショナル専門チームとの連携で、海外進出企業プログラム構築運営サポートしています。

  • クリックすると新規メール画面が立ち上がります。貴社名、お名前請求される資料等をご記入の上、宛先設定されたアドレス送信ください。
  • 記入いただいたお客さまの個人情報につきましてはAIG損害保険株式会社プライバシーポリシーに基づきお取扱いします。