AIG ナレッジ & インサイト グローバル・プログラム: 保険を適切に維持すること

グローバル・プログラム:保険を適切に維持すること

ライアン・ガスタフソンステファン・モートンは、変化する世界の中でグローバル・プログラムが果たす役割について考察します。

海外に進出している企業は、世界的に直面しているリスクについて、どんな関心事を持っていますか?

ステファン・モートン氏(SM): 企業のお客様ブローカーと話をするときによくあるテーマは、どうすれば私たちはもっと(現実に対して)適切対処できるのか、つまり、どうすれば現実に対してより保険相応しくできるのかということです。なぜなら、バランスシート性質変化しているからです。サイバーも、私たちがグローバル・プログラムについて話すたびに登場するテーマです。これは本質的国境を越えたリスクであり、マーケットには複数ソリューション存在しますが、まだ成熟したソリューションではなく、著しく成長を見ることができる分野のひとつです。

ここ数年にわたり現在(この記事執筆された2019年)、特にヨーロッパイギリスでは、ブレグジットについて、どうすれば保険プログラムを 「ブレグジット対応」 のものにできるかについては多くの議論が交わされています。AIGのブレグジットへのアプローチは、「最善期待しつつも最悪に備える」 というものであり、私たちが設定した解決策は、合意なき離脱シナリオ対処するものです。私たちは、英国リスクとEUのリスクを2つの完全に異なる方法カバーする能力を持っています。

そして最後に、BEPS(税源侵食利益移転)、BEAT(税源浸食濫用防止税)、EUが提唱しているデジタルサービス税、新関税環太平洋経済連携協定 (TPP) の交渉決裂米国離脱)はすべて、この12カ月間にわたり起きた出来事であり、商取引のあり方が変わったことを示しています。これらの問題はすべて、取引方法現地規制遵守において、企業にとって課題となっています。

現在の環境下でグローバル・プログラムを使用する利点は何ですか?

ライアン・ガスタフソン氏(RG): グローバル・プログラム利点は常に変わりません。ほとんどの場合プログラムは、補償水準コントロールすることを目的としており、リスク管理責任者が,世界中で抱える補償リスク水準把握していることを確認するためです。そのためには、知識一貫性、そして補償確実性を持つことです。

また、財務的側面もあります。グローバル・プログラムを持つことは、より経済的になることでしょう。また、グローバル・プログラムを持っている場合は、複数保険会社複数の異なる保険証券を持つこととは違って、保険会社ブローカーにとってより戦略的クライアント企業であると言ってもよいでしょう。

"AIGのブレグジットへのアプローチは、 「最善期待しつつも最悪に備える」 というものです。"
ステファン・モートン

キャプティブ保険会社は、どのようにして組織の保険プログラムを補完することができますか?

SM: 確かに、より多くの資産が無形化しつつあり、そして、多くの巨大な企業のバランスシートが無形資産で構成されている世界では、これらの新しいリスクのためのインキュベーターとして、キャプティブ保険会社が果たす役割があります。事業保険会社や再保険会社と比較すると、キャプティブ保険会社は、現在の保険マーケットでは広く受容できないリスク、例えば、罰金や罰則、ソーシャルメディアのリスクなどを受け入れることができる可能性があります。

なぜ強力なローカルネットワークを持つことが重要なのですか?

RG:BEATを導入した米国の税制改革のように、短い期間で新しい法令が制定される様がますます見られます。その知識を現場で身につけることは、プログラムへの期待値予測と、最適化のためにも、非常に重要です。実際、現場での目と耳に取って代わるものは何もなく、現地における規制の解釈の重要性は過小評価することができません。

これに関連した他の側面は、正しい仕組みを持つことです。つまり、現場の人だけでなく、適切なレベルの監視を行うことを意味します。その情報をすべての人が利用できるようにするということです。

ある国が再保険の出再基準を変更しようとしている場合、例えば、その国の外へリスクを出再する割合のレベルを上げるとしたら、その機会を認識してもらうために、お客様企業に情報提供することは重要です。物事は大変速いスピードで変化するため、プログラムを最適化できるよう、実際に違ったやり方で行い、かつ十分な時間的余裕を与える必要があります。

現地での拠点の存在は、どのようにして特定の課題を克服するのに役立ちますか?

SM:一帯一路や巨大なインフラ・プロジェクトなど、アフリカ、中東、アジアでは、今や非常に大きなビジネスチャンスがあります。ビジネスが拡大しようとしている市場のいくつかを見てみると、往々にして現地の保険マーケットはあまり発達していません。時には、現地規制当局と協力して、当局が導入しようとしている要件や、クライアント企業にどのような影響があるかを本当に理解する必要があります。

また、特に新興市場では、現地強制保有率が増加傾向にあることから、課題が生じる可能性もあります。それは、潜在する大規模な損失が発生して、過度のリスクと負担がかかり、現地保険マーケットのキャパシティが完全に浸食される可能性があるということです。海外進出している企業は、重大なリスクを抱えており、相当の保険責任限度額を必要としています。そのため、私どもの役割の一部は、これらの課題対処への案内役であること、そして規制当局とのコミュニケーションをとることです。場合によっては、こういった環境下で、お客様のために提唱活動を行うこともあります。

企業が重大な損害を抱える状況、そして、同時に潜在的な評判へのダメージ、コンプライアンス違反の可能性、さらには現地の規制要件との不整合が発生した場合の処分にも対処しなくてはならなくなる状況を避けることがベストです。海外進出企業では、取締役や役員は気づかないうちに、突然かなり複雑で際立って目につく(社内的にも社外的にも)ことになる責任に晒される可能性があります。

現地で保険証券(ローカルポリシー)を持つことは、とても基本的なことです。本当の意味でローカルポリシーに取って代わるものはないでしょう。これは当社も関わりながら、状況を明確にし、現地のベストプラクティスと規制要件に関するガイダンスを提供できることを意味します。当社は、必要に応じて規制当局と連携し、コンプライアンスを確保するとともに、事故が発生した場合には積極的に事故対応をハンドリングします。

"BEATを導入した米国税制改革のように、短い期間で新しい法令制定される様がますます見られます。"
ライアン・ガスタフソン

グローバル・プログラムから価値を引き出し、サービスを提供する上で、テクノロジーの役割は何ですか?

RG:テクノロジーグローバル化が進む理由のひとつです。少しペースは落ちていますが。そして、世界が小さくなり続けている理由のひとつです。ローカルポリシー発行観点からも、コンプライアンス観点からも、そして、損害サービス観点からも、市場リードするテクノロジー投資することなく、グローバル・プログラム実行できるという時代は当に過ぎています。

その数は圧倒的です。AIGでは、何千ものグローバル・プログラム管理し、世界中毎年何万ものローカルポリシー発行しています。そのためには、それに相応しいレベルテクノロジー必要です。メールによるコミュニケーションだけではできません。当社では、最適プログラム管理導入と、クライアント企業がさまざまな国や地域リアルタイムでのプログラムパフォーマンス監視を可能とするシステム開発しました。

グローバル・プログラムを支えるテクノロジー基盤を持たない保険会社は、限られてくることでしょう。それは、非常大規模複雑プログラムを扱うことができるプレイヤー比較的少ない理由のひとつです。プログラムアーキテクチャ構築し、ローカルポリシー発行保険料精算など、プログラム管理し、そして損害履歴電子的把握することが求められます。

技術は、透明性を高め、管理強化し、抽出される損害データから洞察を加えることができるという点で非常重要です。損害からよりよい情報を得ることができ、それを活用することでより戦略的になり、プログラムライフサイクル最初部分、つまりプログラムアーキテクチャフィードバックすることができます。テクノロジー活用して、よりプロアクティブ方法管理することも重要です。

著者:
AIGヨーロッパ・マルチナショナル・ヘッド ステファン・モートン
AIGノースアメリカ・マルチナショナル・ヘッド ライアン・ガスタフソン

※ この記事はCaptive Reviewの「Global Programs supplement」に掲載されました。

上記の「ナレッジ&インサイト」文書は、グローバル保険会社であるAIGの知識や知見を広くご紹介するために、海外のAIGが公開している文書を翻訳したものです。
文書内で触れている商品やサービスのなかには、AIG損保では提供していないことがあります。「ナレッジ&インサイト」の原文は、下記リンクから参照できます。
なお、以下のリンクをクリックするとAIG損害保険株式会社のページからAIG, Inc.(AIG米国本社)のサイトに移動します。
https://www.aig.com/knowledge-and-insights

関連記事

マルチナショナル保険プログラム(グローバルプログラム)に関するご相談は

海外進出企業にとって、マルチナショナル保険プログラムは、企業グループ必要とする保険調達リスク管理の点で有効ソリューションです。
AIGは、数十年にわたる経験ノウハウリーダーシップを備えた世界各地マルチナショナル専門チームとの連携で、海外進出企業プログラム構築運営サポートしています。

  • クリックすると新規メール画面が立ち上がります。貴社名、お名前請求される資料等をご記入の上、宛先設定されたアドレス送信ください。
  • 記入いただいたお客さまの個人情報につきましてはAIG損害保険株式会社プライバシーポリシーに基づきお取扱いします。