M&Aにおける大規模保険金請求/支払事案の現況

M&A 大型保険金事案増加の大波

AIG のM&A 保険チームは、2019 年度においてM&A 案件成功支援するべく、全世界で800 件超のM&A 保険契約を引き受けました。
当該分野のAIGの保有契約件数規模とその内容質的充実は、長期にわたる保険金請求傾向に係わる他に比類なき洞察を与えていますが、
それは即ち買主による表明保証保険活用実態や、よくある取引上の落とし穴についての示唆提供しています。

  • 保険金損害額規模増大を続け、重要保険金損害事案のうち最大級のもの(1,000万ドル超)は19%で、 昨年の15%、一昨年の8%から上昇。このゾーンにおける平均保険金支払額増加
  • 地域的に見ると、特に北米において大型保険金支払事案が多く発生
  • 保険金請求通知頻度は、AIG の保有保険契約のポートフォリオ全体不変であり、平均して5 件の保険契約に対して  1 件の頻度保険金請求提起されている。M&A 取引規模が大きいほど保険金請求頻度は高い。
  • 保険金請求が行われる原因となる表明保証違反種類に関しては、『財務諸表』および『重要契約』に係わる請求頻度金額増大

この記事の全文は下記リンク先から確認いただけます。

  • 記入いただいたお客さまの個人情報につきましてはAIG損害保険株式会社プライバシーポリシーに基づきお取扱いします。