マルチナショナル保険プログラム 「コントロールド・マスタープログラム」

コントロールド・マスタープログラム(CMP)とは

欧米多国籍企業は、企業活動におけるさまざまな危険からグループ企業全体を守るために、リスクマネジメント細心注意を払い、企業グループ本社部門世界各地保険加入状況把握してリスク一元管理を行っているのが一般的です。

このため、AIG損保では、マルチナショナル保険プログラム構築のためのソリューションとして「コントロールド・マスタープログラム(CMP)」を提供しています。
これは、お客さまの本社の方針に基づいて加入すべき保険の基準(付保基準)を定め、お客さまの本社へ付保基準に沿ったマスターポリシー(マスター保険証券)発行を行うとともに、お客さまの海外各現地法人が当該付保基準に従って保険に加入できるようにサポートするマルチナショナル保険プログラムです。

世界リードするグローバル保険会社であるAIGは、現地マーケット専門性と広いネットワーク活用した体制確保しています。 AIGのグローバルネットワーク提携保険会社を含め、約200の国/地域展開しています。

グローバルなリスクに備えるマルチナショナル保険プログラム

マルチナショナル保険プログラムは、火災保険賠償責任保険海上保険など、お客さまが必要とするさまざまな保険構築することができます。マネジメントリスクプロテクションやCyberEdgeの保険グローバルリスクに備えるマルチナショナル保険プログラム構築することも可能です。

マネジメントリスクプロテクション Management Risk Protection

株主および取引先等第三者から被害賠償請求や、海外規制当局から調査を受けた場合リスクに備えたい。

  • カルテルやFCPA(連邦海外腐敗行為防止法)など、海外法令に対する役員リスクに備えたい
  • 海外子会社出向させる役員のための、現地保険手配について把握したい

CyberEdge

サイバー攻撃による情報漏れや、ネットワーク中断による業務停止リスクに備えたい。

  • 本社では十分情報セキュリティ対策を行っていても、海外子会社では現地任せになっているため備えたい
  • 海外展開拡大にともない、万が一に備え現地法令精通した人材育成を図りたい

お問い合わせ/資料請求などのご案内

マルチナショナル保険プログラムや各種事例資料をご請求いただけます。
また、ご相談・お問い合わせにつきましても受け付けております。

無断での使用複製は禁じます。