プレスリリース(2018年)

企業のサイバーリスク対応の成熟度やビジネスへの影響度の分析診断サービスをAIG損保が開始
AIG General to launch new diagnostic service to analyze cyber security risk response and potential impact on business

AIG損害保険株式会社(以下「AIG損保」)は、企業のサイバーリスクを分析診断するサービスを、12月を目途に開始いたします。

 

情報通信ネットワークの進化やビジネスのグローバル化により、サイバーアタックなどによるサイバーリスクは、世界規模で急速に広がっています。サイバーリスクの脅威は感じているものの、リスクや起こりうる損失を客観的に判断することができず、どのように対処すべきかわからない。そんな企業の声を受けて、各企業が直面する可能性のあるリスクを顕在化できるサービスを、アメリカのAIGが開発いたしました。サイバー保険最大のマーケットであるアメリカ*をはじめ、既に 世界各国でグローバル企業が当サービスを活用しています。この実績を踏まえ、 日本でも当サービスを展開していきます。

 

当サービスでは、業種や規模、リスク特性に応じた質問項目へ回答することで、各企業のリスクスコアやビジネスへの影響度、推奨される対策などを評価・分析し、分析結果をグラフや表を多用したレポートとして受け取ることができます。サイバーリスクへの対策を検討する資料として活用いただけるだけではなく、回答する各質問項目をチェック表代わりとして、自社のリスク対策状況を再確認いただくこともできます。分析の際に用いられるデータベースは最新のリスク環境にあわせて定期的にアップデートされるため、AIG損保のサイバー保険「CyberEdge」の契約企業は、契約更改時などに当サービスを利用することで、サイバーリスクへの対応状況の定期的な見直しとしても活用いただけます。サイバー保険を検討中の企業については、保険料の見積もり時に当サービスによる診断を受けることが可能です。

 

これからも、このようなグローバルで蓄積された様々な知識やノウハウを活用した、より価値のある商品・サービスの実現を、AIG損保は進めてまいります。