プレスリリース(2018年)

AIG損保が、セブン銀行ATMを通じた口座不要の「現金受取サービス」による保険金支払いを損保で初めて開始
AIG General Introduces industry’s first Claims Receipt Service in Cash via Seven Bank ATMs with no Account Required

AIG損害保険株式会社(以下「AIG損保」)は、日本の損害保険業界で初めてセブン銀行ATMを通じて保険金の一部を内払いする「現金受取サービス」を、12月を目途に開始いたします。

 

当サービスは、セブン・ペイメントサービスからメールまたはSMS(ショートメッセージサービス)にて通知された情報*1を、セブン銀行ATMにて入力することで、保険金のうち10万円までを24時間365日いつでも現金で受け取れるというものです*2。AIG損保が保険金を支払い可能と判断し、お客さまが当サービスを希望される場合、送金依頼から最短1時間程度で現金を受け取ることができます*3。個人火災保険の契約者を対象としており、銀行口座も不要なため、火災や自然災害などの際にキャッシュカードや通帳などが手元にない場合にも、当面の生活資金や生活再建のための手続きにかかる費用を確保することが可能となります。

 

【事故受付から支払いまでの流れ】

今後も、AIG損保は、万一の際のお客さまのリスク軽減に向けた支援を強化すると共に、グローバルで蓄積された様々な知識やノウハウを活用した、より価値のある新商品・サービスの実現を進めてまいります。

 

*1 提携先コード、確認番号

*2   現時点では1万円単位での支払いのみの対応となります。

*3   本サービスは、全ての保険金支払い対象事案に対する適用を確約するものではありません。