プレスリリース(2021年)

2021年8月10日

災害からいのちを守る防災グッズを関西国際空港と大阪府岬町に寄贈 ~大阪府との防災連携協定に基づき「いのちを守る植樹祭」も岬町にて開催決定~ AIG General donates disaster prevention goods to Kansai International Airport and Misaki Town, Osaka "Tree-Planting Festival to Protect Lives" to also be held in Misaki Town, based on disaster management partnership agreement with Osaka Prefecture

AIG損害保険株式会社(以下「AIG損保」)は、当社の有志社員団体であるAIG ふれ愛倶楽部より、大阪府を通じて関西エアポート株式会社(以下「関西国際空港」)および大阪府岬町に屋内用シェルター、災害時用ホイッスル、ポータブル蓄電池を寄贈しました。

AIG損保は、親会社であるAIGジャパン・ホールディングス株式会社と大阪府との10分野にわたる連携協定に基づき、連携分野に関わる様々な取組みを協同で進めてまいりました。今回は、「関西国際空港の利用促進」と「防災・減災」分野での取組みの一環として、関西国際空港に屋内用シェルター100基、災害時用ホイッスル100個、ポータブル蓄電池20台、また岬町に屋内用シェルター100基、災害時用ホイッスル600個、ポータブル蓄電池20台を寄贈しました。

また「防災・減災」と「子どもの安全」分野での取組みとしては、今秋に岬町立多奈川小学校において「岬町いのちを守る植樹祭」の開催も決定しました。AIG損保では2016年より、公益財団法人 鎮守の森のプロジェクトと共に、全国の震災による津波の発生が予想される地域への植樹活動を推進しており、2019年の阪南市での開催に続き、大阪では二回目の開催となります。

万一のときだけでなく、事故や損害を未然に防ぐ支援を行う「ACTIVE CARE」という事業戦略コンセプトを掲げるAIG損保は、頻発する自然災害への備えをサ ポートするサービスや活動に力をいれています。今後も、このような活動を通じて、事故や損害を少しでも軽減する支援を行ってまいります。

左から、岬町町長 田代 堯 氏、AIG損保 代表取締役社長 兼 CEO ケネス・ライリー、大阪府副知事 山口 信彦 氏、関西エアポート株式会社 代表取締役社長 CEO 山谷 佳之 氏、鎮守の森のプロジェクト 事務局長 新川 眞 氏