プレスリリース(2021年)

2021年3月18日

AIG損保の労災上乗せ保険「ハイパー任意労災」の補償を拡充し、3つの特約の販売を開始 AIG General to expand coverage for Occupational Accident Comprehensive Insurance ‘Hyper Nini Rosai’ with launch of 3 new riders

AIG損害保険株式会社(以下「AIG損保」)は、中小企業の労災上乗せ保険としてご好評いただいている「ハイパー任意労災(業務災害総合保険)」の補償を拡充し、新たに「業務上疾病による従業員の休業」と「通勤中の従業員の個人賠償」、「特定感染症等への対応費用」に関する3つの特約を3月22日から販売します。

「ハイパー任意労災」は、労働災害に対する従業員の方への補償を企業の福利厚生としても活用できる商品として、特に、人手不足の問題を抱える中小企業の経営者の皆さまにご好評をいただいています。従業員や下請けの方の『業務災害(労災)リスク』に加えて、経営者や従業員の『健康リスク』、地震などの『自然災害リスク』への補償を提供し、政府労災保険や健康保険ではカバーしきれないリスクに備え、従業員の方が安心して働ける環境作りに役立つ商品です。 

2019年と2020年には、従業員の治療と仕事の両立を支援し離職防止に役立つ「がん通院治療費用支援特約」と「所得補償保険金支払特約」の販売を開始しています。

今回、従業員がより安心できる勤務環境を提供するために、以下の3つの特約を新設します。

新設する特約

『業務災害リスク』への備えとして…

1.「業務上疾病休業補償保険金支払特約」 

  • 労災認定された腰痛やうつ病などの業務上疾病による、事業主や役員、従業員、パート、アルバイトの方の休業を日額補償*1
  • 脳血管疾患・虚血性心疾患等・精神障害については、労災申請が受理された場合、一時金(日額x20日分)を上記の従業員等と事業者それぞれにお支払い


『従業員の通勤時の個人賠償リスク』への備えとして…

2.「通勤中個人賠償責任補償特約」

  • 事業主や役員、従業員、パート、アルバイトの方が、日本で鉄道、バスや自転車などでの通勤中に起こした偶発的な事故により、他人の身体や財物に損害を与えたり、電車など*2を運行不能にさせることで法律上の損害賠償責任を負った場合の、損害賠償金*3や訴訟対応費用、弁護士費用などを補償


『自然災害リスク』への備えとして…

3. 特定感染症等対応費用補償特約」

  • 従業員等*4に所定の感染症の罹患者が発生し、企業が所有、使用または管理する日本国内の施設について保健所等から消毒の命令・指示等があった場合に、企業が負担する対応費用を定額補償(50万円)

 

万一のときだけでなく、事故や損害を未然に防ぐ支援を行う「ACTIVE CARE」という事業戦略コンセプトを掲げるAIG損保は、今後も、中小企業の皆さまに寄り添い、大切な従業員のリスクマネジメントを支援する様々なサービスや商品を提供してまいります。

 

  1. 日額補償の支払対象期間は90日、180日、365日、545日、730日からの選択となります。
  2. 電車・モノレールなどの軌道上を走行する陸上の乗用具
  3. 1事故につきご契約の保険金額限度
  4. 事業主、役員、従業員、パート・アルバイトの方、建設業・運送業の下請人、派遣社員や常駐の外部ベンダー社員等