プレスリリース(2020年)

国土強靭化貢献団体認証「レジリエンス認証」を取得
AIG General acquires Resilience Certification for contribution to national resilience

AIG損害保険株式会社(以下、AIG損保)は、大規模災害時の事業継続に関する積極的な取組みおよび継続的な社会貢献の実績に基づき、国土強靭化貢献団体認証「レジリエンス認証」(以下、レジリエンス認証)を取得しました。

事業継続に関する取組みは、損害保険会社にとって極めて重要な経営課題であり、AIG損保は事業継続管理体制の向上に努めてまいりました。また、テクノロジーや国内外のノウハウを活かし、リスクを未然に防ぐための支援に力を入れる「ACTIVE CARE」という当社の事業戦略コンセプトは、レジリエンス認証のコンセプトと一致することから、今回の認証取得にいたりました。

 

今後、AIG損保は自社の事業継続管理体制の更なる向上に努めるとともに、お客さまおよび中小企業の事業継続対策支援に向けた商品やサービスを提供してまいります。

<レジリエンス認証について>
「レジリエンス認証」は、内閣官房国土強靭化室から国土強靭化貢献団体の認証に関するガイドラインに規定する「認証組織の要件」に適合する旨の確認を受けた「一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会」が、上記ガイドラインに基づく「国土強靭化貢献団体認証」として行うものです。本認証は、大企業はもとより、中小企業、学校、病院等各種の団体における事業継続の積極的な取組みを広めることにより、すそ野の広い、社会全体の強靭化を進めることを目的としています。