プレスリリース(2019年)

法人の自動車保険契約向け スマートフォンと連動したドライブレコーダー「スーパードライブガード アイ(SDG Eye)」提供開始
AIG General to launch Super Drive Guard Eye (SDG Eye), a smartphone-linked drive recorder service for corporate auto insurance policyholders

AIG損害保険株式会社(以下、「AIG損保」)は、法人向け自動車保険契約者を対象に、ドライブレコーダーを活用したサービス「スーパードライブガード アイ(SDG Eye)」の提供を、12月1日から開始します。

AIG損保は、法人の自動車保険向けテレマティクスサービスとして、業務提携しています株式会社スマートバリュー(以下、「スマートバリュー」)と共同開発した「スーパードライブガード(SDG)」の提供を、2018年4月より開始しています。「SDG」は、運転する社員の労務管理、自動車事故削減といった、事故を未然に防ぐための社有車に関する様々な課題解決に役立つサービスです。今回の「SDG Eye」は、AIG損保用にスマートバリューが開発したドライブレコーダーを購入した中小企業を中心とする法人契約のお客さまが利用できるサービスで、ドライブレコーダーの活用により、事故が起こった際、より迅速な保険金支払いサービスの利用が可能となります。

 

ドライブレコーダーを自動車保険の事故調査に活用する場合、これまでは、映像が保存されたSDカードを保険会社へ郵送するという作業が発生していましたが、「SDG Eye」では、ドライブレコーダーに搭載されたWi-Fiを使用し映像データをスマートフォンから直接AIG損保のクラウド型データストレージに送信することができます。郵送などにかかる時間が短縮されることにより、迅速な保険金支払いが可能となると共に、SDカードの物理的な移動による紛失リスクがなくなり、データセキュリティの向上にもつながります。

 

【SDG Eye導入による6つのメリット】

  • 従来発生していた、自動車事故時の映像が保存されたSDカードを抜き取り郵送するという作業が省略される。
  • 映像データをスマートフォンからAIG損保のクラウド型データストレージに直接送信できるので、事故調査にかかる日数が、これまでの3~4日から最短で1日に短縮される。
  • SDカードの郵送に伴う、紛失リスクがなくなる。
  • 映像データの保存に必要とされていたSDカードの定期的なフォーマットが不要となるため、データの保存漏れリスクが減少する。
  • 3年保証により、ドライブレコーダーの故障などの際に、修理ではなく交換が可能となる。
  • ドライブレコーダーにモニターが無いため、故障リスクが軽減する。

 

AIG損保は、これからも、先進的なテクノロジーを活かした、お客さまに役立つ商品・サービスを提供してまいります。