リスクに先回りする保険会社へ

全世界で話題となったムービー「Tackle The Risk」

オールブラックスの選手が街中を駆け巡りながら、道行く人たちにタックルを決めていく。歩きスマホの女子高生、ビラ配りをする着ぐるみの人、名刺交換しているビジネスパーソン・・・「なぜこんなことをするんだ?」と、疑問をもった方も多いことでしょう。

しかし映像の後半で、選手たちがタックルをした人たちに、さまざまな危険が降り掛かろうとしていたことが分かります。女子高生の前を猛スピードで駆け抜けるトラック、路上に落ちてくる看板、カフェに突っ込むクルマ。選手たちはリスクを予測した上でタックルしており、このタックルによってケガなどが事前に回避できていたことが明らかになります。つまり、オールブラックスの選手たちは、リスクを予防するために、都内を駆け周り、ピッチ上さながらのタックルを決めていたというわけです。

まさかが起こる前にリスクを予防する。

このムービーのテーマは、お客さまが毎日直面している「リスク」です。地震、台風、ゲリラ豪雨。日本は、日々たくさんの自然災害と戦っています。さらに、事件や事故も発生し、毎日はリスクだらけ。私たちは、災害や事故をなくすことはできません。けれど、もし身の回りのリスクを知っていれば、リスクに先回りして対処することができるはず。それが、日本のAIGグループの事業戦略コンセプトである「ACTIVE CARE」という考え方です。

ACTIVE CAREを、カタチに。

AIG損保では、「ACTIVE CARE」の考え方のもと、起きてしまったできごとへの経済的な補償だけでなく、事前にお客さまのリスク認識を高め、さまざまな分析やツールの提供を通じてお客さまが事故の発生を回避できるように支援しています。お客さまの不安を少しでもやわらげるようなサービスを目に見える分かりやすい形で積極的に提供して保険をより身近なものへと変えていくことを目指しています。

AIG損保の商品についてもっと知りたい方

  
  

2012年からはじまった、AIGとオールブラックスのパートナーシップ。

オールブラックスは、世界最多の優勝記録を誇る、ニュージーランド代表ラグビーチームです。私たちAIGは、オールブラックスが持つ伝統、実績、屈強さ、品格が、AIGの企業文化と通じると感じ、ニュージーランドラグビー協会と契約を締結しています。

対談:オールブラックスとAIGの幸福な関係。

オールブラックスは、最強の「 ビジネスの教科書」

生島淳=司会 白澤正=写真 「Number 929号(2017年6月15日発売)より一部修正の上、抜粋

 

世界最強のオールブラックスをグローバルパートナーとして支えているのが、保険会社のAIG。

オールブラックスのヘッドコーチとAIGジャパン・ホールディングス社長の対話は、両者の幸福な関係を象徴しているようだ。

 

ラグビー・ニュージーランド代表ヘッドコーチ
スティーブ・ハンセン

1959年5月7 日生まれ、ニュージーランド出身。

AIGジャパン・ホールディングス代表取締役社長兼CEO
ロバート・L・ノディン

1961年5月26日生まれ、アメリカ出身。


― 世界的な大会が迫っています。オールブラックスは2連覇中ですが、日本大会に向けてはどんなプランを用意していますか。
 

ハンセン

毎回、毎回違った挑戦が待っています。まずは、「青写真」を描くことが大切ですね。日本ではこれまでとは異なった環境で戦うことになります。選手の体調を維持するための食事も違えば、気候も違う。開幕は9月ですから、蒸し暑い中でランニングラグビーを展開することになると、選手にも疲労が蓄積するでしょう。あらゆることを想定して準備を進めますが、何よりも大切なのはラグビーを楽しむことですよ。

ノディン
その発想が大切ですね。オールブラックスのチーム作りを見ていると、「キャラクター・ファースト、スキル・セカンド」という姿勢が見えてきます。

ハンセン
技術より、人間性。まさに、それこそ我々が大切にしてきた価値観です。

ノディン 
個人がチームよりも大きな価値を表すことはない。こうした発想は、我々の会社が示すべきことと非常に近く、親近感を覚えました。AIGは、信頼、誠実、そして人間性といった価値を、仕事を通して顧客の皆さまに示さなければなりません。わが社がパートナーシップを結んでいるオールブラックスは成功を収めているチームですから、ハンセンヘッドコーチ(HC)をはじめとしたスタッフから、多くのことを学べるのは、我々にとっても貴重な機会なのです。

ハンセン
オールブラックスのジャージを着ることは様々な責任を伴いますが、我々とて、完璧であることは不可能です。誰もがみなさんと同じようにミスをしますが、大切なのはそのミスに対してどう向き合うか、ということなのです。そのためには、謙虚でなければなりません。

ノディン
オールブラックスの選手、スタッフと接していると、謙虚なだけでなく、自己犠牲の精神を持っていることを強く感じます。それは顧客の皆さまが困ったときにお手伝いさせていただく、保険会社の姿勢に共通しているなと感じるのです。


― それにしても、オールブラックスがこれだけの成功を収めているのは、善人の集団だから、というわけではないでしょう。ハンセンHC、成功するマネージメントの秘訣を教えていただけませんか。
 

ハンセン
ハイ・パフォーマンスを実現するためには、徹底的に議論することが必要ではないでしょうか。たとえば、私がアイデアを出したとする。アシスタントコーチは「そんなことは無理です」と主張したとしても、私は実現させたい。だとしたら、どうするか。私たちのゴールは、みんながアイデアを出し合って、より良いアイデアにしていくことです。そのためには時には激しい議論が必要となるのです。

ノディン
ハンセンさんの話をうかがうと、メンバーが「自分の声」を発していくことの大切さがよく分かります。

ハンセン
ただし議論の中で私が少数派、というよりもひとりだけ反対の立場を取る、ということもあり得るわけです(笑)。


― ヘッドコーチであっても?
 

ハンセン
そうです。私もチームの一員ですから。そしてするべき仕事をし、成功を目指す。組織にとって大切なことは、アイデアが成功に結びつかなかったとしても、そのアイデアに反対した人間が賛成した人のせいにしないことです。チーム全体で結果を受け入れなければいけません。

ノディン
オールブラックスが興味深いのは、アイデアをより良いものに進化させていくのに、多種多様な価値観、「ダイバーシティ」を表現していることだと思います。

ハンセン
私は、オールブラックスがニュージーランドという国の多様性の理解を広めるという義務を背負っていると考えています。わが国にはたくさんの民族が同居していますが、オールブラックスの試合は、国民が共に戦うことを象徴しているのです。肌の色、性別は関係なく、お互いを尊重し合い、団結して試合に臨むのです。

ノディン
AIGも、そして日本の社会も、オールブラックスのダイバーシティから学ぶべきことが多いように思います。わが社としても、その価値観を広めるお手伝いが出来ればと思っています。


― AIGとオールブラックスには、たくさんの共通項があるということなんですね。
 

ノディン
昨年、私を含めた関係者がオールブラックスのロッカールームに招待いただき、ハンセンさんにスピーチをお願いしました。コーチから「どんな話をしたらいいでしょうか?」と尋ねられたので、私は「連覇に挑むこと、そしてベストであり続けることへの挑戦について語ってもらえませんか」とお願いしたんです。コーチのスピーチは素晴らしかった。ひょっとしたら、ロッカールームでいちばん興奮していたのは私かもしれません(笑)。


―  ヘッドコーチは世界中の人たちに刺激を与えてきました。それもいろいろな敗戦、そして優勝を経験されたからでしょう。世界最大の大会で優勝すると、どんな気持ちになるものなのですか。
 

ハンセン
アシスタントコーチとして’11年に地元開催の大会で優勝した時、私は「安堵」を感じました。’07年には本命視され、ファン、国からも大きな期待を集めながら敗れ、失敗は許されない状況にあったからです。そしてHCとして、’15年に連覇を達成した時は「満足感」を得られました。もしも、3連覇を達成したとしても、それは結果にしかすぎません。あくまで大切なのはしっかりとした準備をすること。最高の仕事をして大会に挑む。そこに満足があるのです。


―  現代ラグビーではケガの予防、そしてリハビリ、リカバリーも大切な要素です。
 

ノディン
それは私たちにとっても興味深い話題ですよ。

ハンセン
ドクター、フィジオ、トレーナー。素晴らしい人材とのパートナーシップを結ぶことが、第一歩です。そのなかでアイデアを出し合い、ハイ・パフォーマンスを実現させていくわけです。

ノディン
なるほど。選手たちが毎試合ごとに共鳴し合い、素晴らしいラグビーのスタイルを披露できるのは、スタッフの力も大きいというわけですね。オールブラックスの試合を見ると、コーチングスタッフが強靭な精神力を持って、進化へと挑戦していく過程が手に取るように分かります。それは私たちにとって、大きな刺激になっています。日本での大会では、また新しいオールブラックスのスタイルを見せてください。期待していますよ。

ハンセン
ありがとうございます。最善の準備を約束します。それが我々に出来ることですから。