具体的アプローチ事例 (国内飲料メーカー)

業種

国内飲料メーカー

提供サービス

米国訴訟管理サービス

お客さまの課題

アメリカ輸出したアルコール飲料を飲んだ方から、「具合が悪くなった」との主張で、アルコール飲料提供した料理店損害賠償請求された。料理店加入していた保険会社より、国内飲料メーカー契約者へ、事前求償としての通知送付されてきた。

提供したソリューション

STEP1

初期対応

  • 現地カリフォルニア州にて損害調査担当者手配
  • 飲食店加入保険会社交渉開始
  • 契約者製造記録調査依頼
STEP2

お客さまからの情報/資料収集

  • 体調不良原因不明
  • 相手方から症状についての証拠提出なし
  • 原因となった事故品現物存在しない
請求根拠の無い不当請求可能性大
STEP3

解決に向けた策を提示

 OPTION.1 

5,000ドル(約50万円)の和解金支払う。
訴訟費用を考えると割安和解金(※)ではあるが、非を認めたと 解釈されかねない。

  • 米国平均和解金額は、143万米ドル(1億4300万円、1ドル=100円換算
    Source: Current Award Trends in Personal Injury 51th Edition.
    Copyright 2012 by LRP Publications

 OPTION.2 

責任否定し争う。
根拠のない請求である可能性が高く、責任否定し争うべき。

一方訴訟に持ち込まれた場合争訟費用見込み額は下記の通り

  • 弁護士報酬 50,000ドル
  • お客さまの出廷費用 15,000ドル
  • その他、賠償命令が出る可能性など
STEP4

AIG損保/お客さまの判断

責任否定することは、ブランドネームを守り、品質問題ないことを証明する手段

STEP3の  OPTION.2  選択
AIG損保から、製品欠陥はなく損害賠償請求には応じない旨を通知した。訴訟前提とした対応準備着手した矢先原告提訴取下げた。提訴取下げられたことで、AIG損保・お客さまの両者にとって納得できる結果となったが、どちらの解決策選択したとしても、お客さまを守る(保険カバーする)ことができた。

お問い合わせ/資料請求などのご案内

マルチナショナル保険プログラムや各種事例資料をご請求いただけます。
また、ご相談・お問い合わせにつきましても受け付けております。

無断での使用複製は禁じます。