リスクを未然に防ぐことが使命 リスクヘッジの専門家たち

事業のグローバル化や多角化、少子高齢社会による人材不足、そして地震や台風といった自然災害の多発……。いま、企業を取り巻くリスクはいよいよ複雑化の一途を辿っている。AIG損保にはこうしたリスクを研究し、お客さまや社会に貢献するための専門部署がある。

「それが『リスクコンサルティングユニット』と呼ばれる組織です。AIG損保は、『アクティブ・ケア(ACTIVE CARE)』といって、時代とニーズに応じて絶えず進化し、事故や損害が発生する前に積極的にリスクヘッジをするという事業戦略コンセプトを掲げています。同ユニットはまさにこのアクティブ・ケアを体現する組織なのです」

こう話すのは、4年にわたってユニット長を務めた相田彩子だ。同ユニットを構成するのは、リスクスーパーバイザーと呼ばれる危機管理の専門家たち。国内外を含めて事故や損害にまつわる膨大なデータと知見が蓄積されている外資系損保の強みを生かし、お客さまのリスクマネジメントをサポートしている。
また、社内の営業社員や代理店のリスクコンサルティングに関わる知識とスキルを高めるための教育システム(プログラム)の構築を担当している。現在、ユニットが力を入れているのがこの“教育”だ。

続きはこちらから

  • 国内のグループ会社