“社用車”のプロフェッショナルが夢みた事故を未然に防ぐサービス

珍しいことに、AIG損保には“法人専門”の自動車保険部門がある。扱うのは、中小企業の社用車のための保険だ。同部門がつくられたのは2017年、AIU損害保険と富士火災海上保険が合併し、AIG損保として新たな第一歩を踏み出す準備に入るタイミングだった。

「ちょうどこの時、新しくできた部署で「やりたい」と積極的に手を挙げ、開発がスタートしたプロジェクトがありました。それが『スーパードライブガード(Super Drive Guard)』※。クルマの事故を未然に防ぐサービスです」

そう当時を振り返るのは、コマーシャル自動車保険部・商品開発課長の大名(おおみょう)圭太。スーパードライブガード開発の責任者である。

「開発の核としたのは、新生AIG損保が掲げた事業戦略『アクティブ・ケア(ACTIVE CARE)』です。これは、事故や損害が発生してから対応するのではなく、お客さまのためにリスクヘッジを徹底し、予防のために動こうというもの。社用車の保険にあてはめるなら、企業の自動車事故を一つでも減らす解決策を出すということ。ドキドキしましたね。当時、テレマティクスを用いたサービスが出始めていて、実現できる予感がありました」

テレマティクスとは、カーナビのようにGPS機能を備える機器を車両に設置し、インターネットに接続して情報を管理・活用するシステムのこと。

悲惨な自動車事故をたくさん見てきた大名たちにとって、事故削減は悲願だった。意欲に燃える3名がチームを作り、テレマティクスを用いた開発が始まった。機能面をシンプルにして、すべてを自動化する道もあったが、彼らはそれを選ばなかった。

「運転データを収集できても、お客さまごとの事情に沿って活用できないのでは意味がありません。その点、AIG損保には、お客さまに寄り添いながら保険を販売してくれる代理店が全国にある。彼らが契約企業の車のデータを読み解き、お客さまに分かりやすく改善策をコンサルティングし、お客さまがPDCAを回してくれたら、必ず事故を減らせると考えました」

テレマティクスはツールにすぎない。人のチカラこそサービスの要。大名は代理店と強力なタッグを組むサービスをつくるために動いた。トップダウンのプロジェクトではなかったことから予算の確保に苦労したが、代理店からは歓迎の声がぞくぞくと上がり、その応援が大きな力となった。

2018年3月。桜の開花とともに、大名たちの開発チームにも春がきた。コマーシャル自動車保険部の願いを形にした「スーパードライブガード」がリリースされたのだ。

誕生から3年 スーパードライブガードは事故を削減できたか

今、「スーパードライブガード」が発売されて3年が経つ。はたして、どんな結果を出しているのか。企画・開発を担った大名と、商品開発課でお客さまのリアルな声を収集してきた岡本翔吾に聞いた。

続きはこちらから

  • 国内のグループ会社